洗顔料について

スキンケアにとって大変重要なのが洗顔です。
その洗顔のための洗顔料の選び方や人気の洗顔料などについて書いていきたいと思います。

洗顔石鹸と洗顔フォームの比較

洗顔料を選ぶとき、洗顔石鹸と洗顔フォームで迷われる方もいらっしゃるかと思います。

洗顔石鹸と洗顔フォームの選択の基準はどう考えればいいでしょうか。
洗顔石鹸より、洗顔フォームを選んだほうがいいと考える方も多いかもしれませんね。

化粧品ブランドから多くの製品が発売されている洗顔フォームですが、 最近では、洗顔石鹸もまた注目集めてきており、人気製品も見受けられます。

肌に不必要なダメージを与えないため、 洗顔は泡が大切です。
洗顔料には、その泡立ちが求められるのですが、 一部の洗顔フォームには、その泡立ちを良くするための成分に化学物質が含まれていることがあります。
保湿成分や香りのために成分に人口的に作られた成分が多く配合されていることもあるようです。

洗顔石鹸も保湿成分などが配合されていますが、 洗顔フォームに比べると比較的シンプルな原材料で作られていることが多いようです。

そのため、肌に負担がすくないとして、そのような洗顔石鹸を求められる方から人気を集めています。

洗顔料の材料には、アロマオイルや植物エキスなど、自然界のもので作られた肌に優しいものを多く発売されていますので、 肌の負担を避けるには、そのような洗顔料を求められる方が良いでしょう。

特に敏感肌など肌が余り強くない方は、シンプルな原材料で作られた洗顔料を選ばれる方が良いのではないでしょうか。
洗顔料選びの参考にはこちらのサイトがおすすめです。

潤い重視の洗顔料

美肌のためには、保湿は欠かせないものです。

洗顔料にも、肌の油分を必要以上に落としすぎないものが望まれます。
また、敏感肌など、肌の弱い方にとっては、特に、肌の水分と油分のバランスは重要になってきます。

洗顔によって、過度に油分が奪われ、肌が潤い不足になってしまうと、 肌の表面の角質層が荒れてしまいます。
そうすると、肌のバリア機能が失われてしまい、様々な肌のトラブルを起こしかねません。

ただ、皮脂が多すぎると、ニキビなどの肌トラブルを引き起こしてしまいます。
美しい肌のためには、肌の乾燥は必ず避けなければいけないものですが、 敏感肌の方にとっては、とくにそれがいえるでしょう。

ニキビなどにとっては、敵となる皮脂ですが、 皮脂は肌の水分が蒸発するのを防いでくれる役目もになっています。
ですので、洗顔によって必要以上に皮脂を奪いすぎないような、 バランスのとれた洗顔料を使うことが大切です。

また、洗顔後、肌の潤いをキープしてくれるスキンケア選びも大切です。
セラミド配合の美容液は、セラミドを補ってくれて肌の潤いを守ってくれるお勧めの スキンケアコスメです。

肌が弱い方におすすめの洗顔料

肌が弱い方は洗顔料選びが特に大切です。

最近では、アトピーの方のための洗顔料や肌が弱い方のための洗顔料も販売されていますが、 おすすめの洗顔料のひとつが「マルセイユ石鹸」です。

マルセイユ石鹸とは、完全に自然素材100%の原料だけで製造された、 旧フランス王室御用達の無添加石鹸です。
17世紀、フランス国王ルイ14世が定めた厳しい製造基準を守り 伝統の職人によって手作りのみで作られる洗顔料です。

そのマルセイユ石鹸の人気製品、セラァイユ社製の洗顔料には、 プロヴァンス地方の良質な天然オリーブ油とパーム油(100%植物性油)、 地中海の海水とマルセイユ塩とバリラ(アルカリ性海藻の灰)が使用されています。

主原料であるオリーブオイルは、植物油の中でも肌になじみ易く、保湿性も高い成分です。

オリーブオイルは古くから紫外線を防ぐ効果や抗炎症作用が知られており、 コスメ製品に多く活用されています。
抗炎症作用はニキビの炎症を抑えることもできます。

保湿性が高いので、敏感肌の方にも問題なく使用できるでしょう。

日本人にあう洗顔料

米ぬか石鹸を使用して作られた米ぬか石鹸をご存知でしょうか。

米ぬかには、医療品としても認められているγ(ガンマ)オリザノールが豊富に含まれており、 シミの原因となる酵素の活性を抑えたり、紫外線を防止したりするという美白効果があります。

かつて、日本の女性は布で作った袋に米ぬかを入れて、それで体を洗っていたそうです。
老化した角質を取り除いたり血行を良くしたり皮膚を保護したり、という効果も報告されています。

米ぬかには石鹸と同じ「脂肪酸ナトリウム」という成分が含まれています。
原材料には、アミノ酸やビタミン類、豊富ミネラルなどの栄養素も含まれ、肌に優しい石鹸です。

顔から体、髪の毛まで全身洗うことができます。
「アトピーで悩んでいたが症状がよくなった」、「アレルギーの肌にぴったり」など 多くの感想が寄せられるほど、敏感肌、肌の弱い方に最適な洗顔料です。

米ぬかには、独特の匂いがありますが、 洗顔料によっては、まったく気にならない程度に香りの薄いものもあります。

炭酸泡洗顔料

最近、人気を集めているのが、炭酸泡洗顔料です。

炭酸が肌細胞を活性化させ、美肌効果があることは、
炭酸パックなどの炭酸コスメでよく知られるようになりましたが、
その炭酸を洗顔に応用したのが、炭酸泡洗顔料です。

洗顔時の肌摩擦は肌にダメージを与える一因ではありますが、
炭酸泡洗顔料は、たっぷりの泡でそれを防いでくれます。

また、製品によっては、洗顔を終えた後、炭酸ローションとして使えるものもあります。

炭酸パックの場合、パックに少し時間を要しますが、
炭酸泡洗顔料の場合は、朝の忙しい時間帯でも手軽に利用することができます。

また、夜のメイクもクレンジングが不要の炭酸泡洗顔料もあります。

初めての炭酸コスメとしては、試してみるのにぴったりだと思います。
炭酸パックのサイトで、人気の炭酸パックと共に、炭酸パック・炭酸泡洗顔料が紹介されています。

パパウォッシュ 

「パパウォッシュ」は若い人向けと思われがちですが、
年齢を重ね、新陳代謝の衰えてきた肌にこそ使ってほしい洗顔料です。
肌を清潔にするだけでなく、毛穴の汚れやメラニンを含む古い角質を積極的に取り除くことが、
エイジングケアの第一歩。

100%天然パパイン酵素がクリアな肌に導きます。

内容量 80g
全成分 石ケン素地、バレイショデンプン、コーンスターチ、タルク、ラウロイルグルタミン酸Na、アルブミン、パパイン、加水分解卵白、スクワラン、トレハロース、アスコルビン酸、コメヌカエキス、カミツレエキス、ローズマリーエキス、乳糖、BG、水、香料

※パパウォッシュシリーズは全品アレルギーテスト済みです。
(全ての方にアレルギーが起こらないということではありません。)
広告文責
メーカー 株式会社イー・エス・エス(0120-44-4331)
商品区分 日本製
化粧品

パパイン酵素洗顔といえば、
やっぱり『パパウォッシュ』!

天然のパパイヤから抽出したパパイン酵素を主成分としたパウダー洗顔料で、発売から30年、変わらず多くの方に愛され続けているロングセラー商品です。
さっぱりした洗い上がりながら、つっぱらず、うるおいもしっかりと残す“つるつるキュ!”の洗い上がりは、まさにパパウォッシュならでは。

肌質を問わずにお使いいただけるノーマルタイプで、特に混合肌・脂性肌・ニキビ肌の方に人気です。

パパウォッシュ (80g)<ノーマルタイプ> パパイン酵素洗顔料 朝晩使用で約2カ月分
【洗顔パウダー/ニキビ 予防 洗顔/洗顔料/酵素洗顔/パウダー洗顔】